キャッシング」タグアーカイブ

アルバイトでもキャッシング可能な貸金業者はあります

Published / by gameiro

継続して働いているアルバイトであれば、キャッシング可能な貸金業者は存在しています。日雇いバイトのように収入見込が立たないケースは対象外となりますが、シフトが比較的安定していて、何ヶ月も継続勤務している状態ならば、貸金業者を選ぶことで借入審査に通過する可能性があるでしょう。

アルバイトでもキャッシング可能な貸金業者は、銀行カードローンと消費者金融の一部が該当します。銀行カードローンは、世帯収入を証明出来ればアルバイトであっても審査をしっかり行ってもらえます。なぜなら、銀行カードローンは銀行法によって貸付が行われているので、貸金業法に定められている総量規制対象外だからです。総量規制に掛からない分だけ、与信力が確認出来れば貸付を独自に行なっても法的に問題がありません。

消費者金融からのキャッシングは、貸金業法に基づく総量規制の対象となるので、年収の1/3を超える貸付は受けられません。直近数ヶ月分の給与明細を提出することで年収を推定して利用限度額を定めてもらうことが可能です。今後シフトが増えたり、時給アップにより給与が増額する際には、増額した給与明細を消費者金融に対して定期的に提出すると良いでしょう。貸金業者へキャッシング申し込みを行なう際には、アルバイトでも申し込み可能と謳っている貸金業者へ申し込みすることが第一歩となります。

キャッシングの審査を見ることについて

Published / by gameiro

キャッシングとはまずお金を借りることができるサービスであるといえます。これは実に有難いサービスといえることになるでしょう。しかし、常に確実に貸してくれるわけではない、ということになります。つまりは、審査をされて、ということになります。その審査の内容を見ることが重要になります。どのくらいの稼ぎがあるのか、ということがまずは審査されることになります。そうすれば返済能力があるのかどうかを業者は知ることができるからです。もう一つはなんといってもほかからの借り入れ状況になります。

ちなみに少しくらいあろうと別にそこまで問題になることではないです。重要なのは総量規制を超えていないのか、ということになります。それによって、そもそも法律的に貸してもよいのかどうかを確認しないといけないからです。これは銀行では関係がないことになりますが、消費者金融には必須になります。これがとても大事になりますから、まずは審査をしてもらうときに確認しておくとよいでしょう。そもそも貸せない人、というのがいたりするのです。消費者金融というのは、そうした貸付に関する制限がありますから、これはよくよく知っておいたほうがよいでしょう。

残高不足でキャッシングに頼ってしまった主婦

Published / by gameiro

私は2人の子供がいる主婦です。主人は大企業に勤めているので給料は多いほうだと思います。今まではお金に困ったことはありませんでした。

子供に習い事を3つずつさせています。合わせて月に50000円くらいかかっています。夏休みはキャンプや夏期講習など、子供のためになるならと思い参加できるものは全て参加させました。その結果、今まで以上にお金がかかってしまってしまい、赤字になってしまいました。家計は私が管理していて主人に赤字になってしまったことは言えませんでした。貯金は定期預金に預けかえたばかりで下ろすことができませんでした。どうしようか悩んだ結果、キャッシングをしてしまいました。住んでいるところから離れたところで、無人でキャッシングできるところで申し込んできました。

借りたのは5万円です。何とかその月はそのお金でやりくりすることができて、主人の給料がでた後、すぐに返しに行きました。今回失敗したのは普通預金の残高がなくなってしまったことです。急な出費に備えて、普通預金にもある程度残高を残しておかなくてはいけないなと反省しました。

キャッシングは煩わしいところがなくて良いと思います

Published / by gameiro

お金がどうしても必要になたとき、嫌な顔もせずお金を貸してくれそうな友人や知人を探すよりは消費者金融に申し込んだほうが早いのではないかと私は思いました。友人などにお金を借りるよりも消費者金融から借りてしまったほうが気分的にも楽だと思いました。

ネットで調べてみてもスマホで申し込みができるですとかだいぶ利用しやすくなっていることが判りました。店舗まで行って申し込みをするのはちょっと嫌だなと思っていましたが、スマホで出来るのなら簡単で良いと思いました。OLでも申し込みのしやすいレディースキャッシングもあったので私は消費者金融に申し込んでみることに決めたのです。決めてから後の手続きは思いのほか早くすすみました。会社の昼休みの時間にスマホで申し込みをしました。前もって申し込み方法は調べてあったので戸惑うこともなくできました。誰にも合わず申し込みができたので精神的にも本当に気楽にでした。

必要なお金もすぐに借りることができました。ひとにお金を貸してくださいと頼むのは気まずいところもあると思いますが、消費者金融であればそのような煩わしいところはありません。お金が必要なとき、いろいろと煩わしいところのない消費者金融を利用してみるのも良いのではないかと思っています。

キャッシングは学生時代の携帯電話料金延滞で借りれなくなる

Published / by gameiro

学生時代、携帯電話料金を延滞してしまった記憶のある人はいませんか。当時お金が無くて、携帯電話料金の不払いは3ヶ月くらい迄大丈夫だからと言って、常に延滞しているといった人が多くいた様です。

携帯電話料金は機種代金を分割払いにしていると、クレジットカード会社と割賦契約を結んだ状態になっています。

クレジットカード会社は最低CIC、キャッシング業務を行っている会社はJICCに登録しています。

更に3ヶ月以上の延滞を行ったということは、クレジットカード会社は金融事故の記録を指定信用情報に通知します。学生なので大目に見て欲しいと思うかもしれませんが、これは業界間ルールで隠してはいけないとなっていますので、大目に見ることはありません。

金融事故の情報はCRINというシステムでKSCにも通知されます。結果あなたは全ての指定信用情報機関からブラックリストに登録された状態になります。

再びブラックリストから解放されるのは、大体5年後です。安易な延滞はしない様にしましょう。

有意義なキャッシングをめざして

Published / by gameiro

私は地方の100万人都市でしがないサラリーマンをやっている28歳です。彼女もいないし、人材派遣関係の仕事なんですが、激務で、休日返上で働いています。なんだか毎日味気なく、ありきたりな日々を繰り返してるだけなような気がして、最近むなしくなってきました。

自分の今までを振り返って、得意にしてきたものを探してみると水泳だったり、書道だったり。それなりに趣味になりそうですが、なにぶんなかなか時間がとれなくて。そんなとき、そう言えば、と思い出したのが、小さい頃から今も熱中しているカードゲームでした。具体的には遊戯王カードが好きで昔からかれこれ20年はやっています。最近YOUTUBEなんか見ていると、カードのチャンネルなんかもあるみたいだから、ここは思いきって自分もやってみることにしました。だけど、いざやろうとすると機材に思ったよりお金がかかるんです。

一瞬ひるんじゃいましたが、YOUTUBEの広告収入を考えると元はとれそうなので、キャッシングを利用して頑張ってみることにしました。はじめてのキャッシングでしたけど、目的がはっきりしているからと融資していただけて有りがたかったです。人気ユーチューバーになります!

アルバイトでキャッシングをすることを考察

Published / by gameiro

アルバイトであろうともしっかりとキャッシングをすることは可能になっています。つまりは、収入があればそれなりに評価してもらえる、ということです。それがとても重要なことになりますから覚えておきましょう。ちなみに在籍確認という行為は確実にアルバイト先に行われることになりますから、これも注意しておきましょう。

借りることができる金額ですが総量規制の範囲内、ということになりますが当然ながらギリギリまで貸してくれることはないでしょう。あくまで最低額であることが多いです。或いは20万、30万円という程度でしょう。例えばアルバイトで300万円稼いでいるとしたら、総量規制的には100万円が最大になりますがそこまで貸してくれるわけではないです。そんな可能性はゼロであるといっても過言ではないでしょう。ですから、アルバイトでも借りることはできるでしょうが極端に多額にはできないのです。それは信用上、仕方ないことでしょう。

アルバイトをする大学生や専門学生がカードローンでキャッシングする際の注意とは?

Published / by gameiro

近年は、一人暮らしの大学生や専門学生にとって生活がなかなか厳しくなっています。

地方で物価や家賃が安いという場合は、アルバイトや奨学金によりある程度安定した生活も可能です。一方、大都市圏ともなると物価も高く、家賃も高いといった傾向があります。ただし、アルバイトでも時給は非常に高く、地方のパート勤務よりも高い収入を得ることが出来ます。

しかし、収入があっても学費や教科書代に消えてしまい、学生の多くは家庭に余裕が無ければ結果的に困窮することとなります。

そして、大学生の場合は4年生ともなれば卒業旅行を行うこともあり、何かと現金が必要となります。その際、貯蓄があれば良いものの、カードローンのキャッシングに頼る必要もあり得ます。

そこで重要なことは、高額な融資を受けないことや一定期間は無利息期間があることが重要です。大学4年生の後期ともなれば、直ぐに就職となることや半年後には少なからずともボーナスを貰えることもあります。もし、卒業旅行の資金にカードローンを利用した場合でも節約に心がければ、ボーナスで残りの残債を返済することも可能です。

学生の場合、基本的にカードローンに頼らないことが重要ですが、慣れ親しんだ仲間と卒業旅行を行う程度であれば、短期間で返済も可能です。