アルバイトのキャッシング入門」カテゴリーアーカイブ

アルバイトでもキャッシング可能な貸金業者はあります

Published / by gameiro

継続して働いているアルバイトであれば、キャッシング可能な貸金業者は存在しています。日雇いバイトのように収入見込が立たないケースは対象外となりますが、シフトが比較的安定していて、何ヶ月も継続勤務している状態ならば、貸金業者を選ぶことで借入審査に通過する可能性があるでしょう。

アルバイトでもキャッシング可能な貸金業者は、銀行カードローンと消費者金融の一部が該当します。銀行カードローンは、世帯収入を証明出来ればアルバイトであっても審査をしっかり行ってもらえます。なぜなら、銀行カードローンは銀行法によって貸付が行われているので、貸金業法に定められている総量規制対象外だからです。総量規制に掛からない分だけ、与信力が確認出来れば貸付を独自に行なっても法的に問題がありません。

消費者金融からのキャッシングは、貸金業法に基づく総量規制の対象となるので、年収の1/3を超える貸付は受けられません。直近数ヶ月分の給与明細を提出することで年収を推定して利用限度額を定めてもらうことが可能です。今後シフトが増えたり、時給アップにより給与が増額する際には、増額した給与明細を消費者金融に対して定期的に提出すると良いでしょう。貸金業者へキャッシング申し込みを行なう際には、アルバイトでも申し込み可能と謳っている貸金業者へ申し込みすることが第一歩となります。

カードローンの即日融資への申込方法

Published / by gameiro

近年のカードローンは消費者金融だけではなく、銀行カードローンの中にも「即日融資」のできるものが増えています。即日融資というのは、新規契約を申込んだその日の内に借入が可能になるということです。

仮に、消費者金融カードローンから即日融資を受ける方法としては店舗に行くのが一番確かですが、店舗の数が非常に少ないため、利用できる人はほとんどいません。そこで、一般的に利用されるのが「自動契約機」と「インターネット」です。

自動契約機というのはその名の通り、契約手続きのできる機械のことです。自動契約機は外からは見られない専用の部屋に設置されており、操作はATMと同じタッチパネル式なので戸惑うことはありません。自動契約機からの申込でもその場で審査が行われ、審査に通れば契約手続きに進み、最後にローンカードが発行されます。

従って、併設されているATMからその場で借入ができます。申込から借入までの所要時間は1時間程度です。

一方、インターネットを利用する場合は業者のWEBサイトにアクセスし、専用フォームに必要事項を入力して送信するだけで申込が終了します。審査が終了すれば、即日の内に指定した銀行口座に借入金を振り込んでもらえます。

なお、審査には本人確認書類(運転免許証など)が必要ですが、現在はデジカメやスマホで撮影した画像をメールに添付したり、ソフトを使ってアップロードしたりすることができるようになっています。

アルバイトでキャッシングをすることを考察

Published / by gameiro

アルバイトであろうともしっかりとキャッシングをすることは可能になっています。つまりは、収入があればそれなりに評価してもらえる、ということです。それがとても重要なことになりますから覚えておきましょう。ちなみに在籍確認という行為は確実にアルバイト先に行われることになりますから、これも注意しておきましょう。

借りることができる金額ですが総量規制の範囲内、ということになりますが当然ながらギリギリまで貸してくれることはないでしょう。あくまで最低額であることが多いです。或いは20万、30万円という程度でしょう。例えばアルバイトで300万円稼いでいるとしたら、総量規制的には100万円が最大になりますがそこまで貸してくれるわけではないです。そんな可能性はゼロであるといっても過言ではないでしょう。ですから、アルバイトでも借りることはできるでしょうが極端に多額にはできないのです。それは信用上、仕方ないことでしょう。

アルバイトをする大学生や専門学生がカードローンでキャッシングする際の注意とは?

Published / by gameiro

近年は、一人暮らしの大学生や専門学生にとって生活がなかなか厳しくなっています。

地方で物価や家賃が安いという場合は、アルバイトや奨学金によりある程度安定した生活も可能です。一方、大都市圏ともなると物価も高く、家賃も高いといった傾向があります。ただし、アルバイトでも時給は非常に高く、地方のパート勤務よりも高い収入を得ることが出来ます。

しかし、収入があっても学費や教科書代に消えてしまい、学生の多くは家庭に余裕が無ければ結果的に困窮することとなります。

そして、大学生の場合は4年生ともなれば卒業旅行を行うこともあり、何かと現金が必要となります。その際、貯蓄があれば良いものの、カードローンのキャッシングに頼る必要もあり得ます。

そこで重要なことは、高額な融資を受けないことや一定期間は無利息期間があることが重要です。大学4年生の後期ともなれば、直ぐに就職となることや半年後には少なからずともボーナスを貰えることもあります。もし、卒業旅行の資金にカードローンを利用した場合でも節約に心がければ、ボーナスで残りの残債を返済することも可能です。

学生の場合、基本的にカードローンに頼らないことが重要ですが、慣れ親しんだ仲間と卒業旅行を行う程度であれば、短期間で返済も可能です。

アルバイトのキャッシング体験談

Published / by gameiro

こんにちは。私はアルバイトで生計をたてているフリーターです。

アルバイトでも以外に稼げて、普通のサラリーマンさんほどは収入がある月もあります。

ただし、やはり保障がないのがフリーターの大変なところです。

普段はバイクに乗っているのですが、3年前、仕事帰りでちょっと疲れていたのか、運転操作を誤ってカーブで曲がりきれず民家の石垣に激突してしましました。

幸い周りに人はおらず、怪我をしたのも自分だけでした。バイクはダメになりましたが人を巻き込むことが無くて本当に良かったです。

ただ、怪我の都合上しばらく仕事が出来ませんでした。バイト先の店長は治ってから復帰させてくれるとのことでしたが、仕事ができないと当面の生活費がなく、

その上病院にも行かなければならず、迷った私はキャッシングにて当面借りることにしました。

キャッシングは以前友人が借り入れをしていたのでやり方は知っていました。

限度額はありますが、会社によってはアルバイトでも借り入れが可能です。

そこで20万円を生活費として借りて、怪我を治すのに専念しながら、バイト復帰後はシフトを少し増やしてもらい半年ほどで返済しました。

返済しても契約は残るので、その後は必要に応じて借り入れを使わせてもらっています。

最近は1ヶ月無利息などもあるので本当に便利だと思います。

アルバイトでもキャッシング利用は出来ます

Published / by gameiro

キャッシングとは消費者金融や銀行からお金を借りることです。

よく、似たような言葉でカードローンがありますが、こちらもキャッシングと意味は同じです。

ただ、キャッシングは一括払いの返済が一般的ですが、カードローンは分割払いといった違いがあります。

さて、キャッシングの予備知識を踏まえた上で、アルバイトや派遣社員といった非正規労働者でもキャッシングはできるのか?

答えはできるです。

近年、就職難や非正規労働者の増加に伴い、キャッシング業者の審査もかなり緩くなってきました。

もちろん、アルバイトでは正社員に比べると審査の基準も若干厳しくなりますが、全く借りることができないわけではありません。

有名な業者でいうとアコムやプロミス。

また、新しくできたばかりの楽天銀行などは顧客実績を増やしたいため、比較的審査は緩めと言われています。

ただ、借りる際に気をつけたいことは限度額です。

先ほどもいいましたが、アルバイトでは正社員と違って信頼が少ないため、一気に100万円といった大金を借りることは難しいです。

お金を借りる際は計画的に行いましょう。